2014年10月20日

パパのつぶやき(ニーナとレオンの子供?)


家庭で異犬種を2匹飼っていて、どうしてもその子達の子供が欲しい、見たい....と言う気持ちは良くわかります。   
私達がそうでしたから....

それはそれで、生まれて来た子供達の分まで責任を持つならば、飼い主さんが決めれば良いことです。

私達も、どうしてもニーナの子供が欲しいと思ったのですが、結局良いコッカーの相手が見つかりませんでした。
今思えばもっとインターネットなどを活用していれば、また違っていたのかもしれません。

そして諦めかけた頃、わが家にレオンが来ました。

私達はニーナとレオンを掛けあわせて、コッカー・プー(これは次回に説明します。)にしようと本気で思ったりもしましたが、レオンはうちに来た時から白内障になっていたので生まれてくる子供達の事を考えて諦めた経緯があります。
   (つづく...)
KIMG0275.JPG

今日のレオン
posted by Reo at 17:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

パパのつぶやき( コッカー・プーについて...)

しかし、このミックスの問題はこういう一家庭の問題では無い様な気がします。
今後、その売れ残った子達の処遇が社会問題にならなければ良いのですが....

いや、あまり報道されないだけで、もう始まっているのかもしれません。

インターネット上では、パピーミル、ブリーダー崩壊、レスキューなどの文字をよく見かけます...

皆様はどの様に考えますか ? ....

KIMG0262.JPG

今日のレオン


PS : コッカー・プー(コッカ・プー)について...

ニーナとレオンで掛けあわせてコッカ・プーにしたいと書いたのですが、もちろんミックス犬になります。

コッカー・プー  : 1960年代にアメリカで作り出された新しい犬種。
アメリカン・コッカー・スパニエルの雌とトイプードルの雄を掛けあわせて、コッカーの穏やかで陽気な性格とプードルの抜け毛が少なく、聡明な性質を持ち合わせた犬種。 
現在のところ、FCI (注1)及び JKC (注2)には公認されていない。

ハイブリッド・プードル : プードルの抜け毛が少なく、聡明な性質を利用して他の犬種と掛けあわせて、作られたデザイナードッグ。


詳しくは、以下のHPを参照して下さい。

ウィキペディア  コッカー・プー

ウィキペディア プードル・ハイブリッド

注1 
FCI : 国際畜犬連盟(こくさいちくけんれんめい) フランス語で Fédération Cynologique Internationale: の略称。畜犬団体(ケンネルクラブなど)の国際的な統括団体。

注2
JKC : 公益法人 ジャパンケンネルクラブ。JKCはFCIの加盟国のひとつ。
posted by Reo at 17:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

ブログのカテゴリー

このブログは、ニーナの為に立ち上げたものなので、日本ブログ村のカテゴリー(犬種)もA・コッカーをメインに、M・プードルと振り分けて続けてきました。今回コッカーを飼うつもりでいたのですが、T・プードルになってしまったので、今後はM・プードルとT・プードルに振り分けます。
まだ、コッカーを諦めた訳ではないので、またA・コッカーのカテゴリーに戻ってくるかもしれません。
今後も、わが家の天使 Nina をよろしくお願いします。
posted by Reo at 17:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) |  日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

ママのつぶやき...

シャラを早く健診に連れて行かなくては.... と思ってはいたものの...
なかなか行く事が出来ませんでした。

病院で、いざ呼ばれて処置室に入るとニーナの最後の部分を思い出して何とも言えない気持ちになりました。

元気になってた 一日前の あの時、連れて帰って来てたらなぁ〜
それだけが後悔です。

これからもその事は消える事はないと思います。

ニーナは私にとって特別な子でした...

mini_130811_1423.jpg

シャラもだんだん表情が出てきて可愛くなって来ました。
シャラはどんな子になってくれるのかなあ〜?

1418848015284.jpg

posted by Reo at 17:00 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |  日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2014年の終わりに...

テレビも年末の特番に切り替わり、慌ただしい年の瀬の模様を映し出しています。

そして.... もうすぐ2014年も終わろうとしています...

本当に今年は最悪の年でした。

子宮蓄膿症と診断されたあの時...  薬での治療を選ぶ選択肢は無かったのか?
あるいは、手術が90%以上成功したと言われ、元気になったニーナを金曜日の夜になぜ連れて帰らなかったのか?
私達は未だに自問自答しては後悔の繰り返しです。
2014年は、一生消える事が無い “ 後悔 ” と言う傷となって私達の心に残っていく事でしょう...

110929_2146~02.jpg 110418_0904~02.jpg

わが家にとって、重大な出来事はもう一つあります。
それはシャラとの出会い。
振り返るとニーナとの別れからシャラと出会うまで何ヵ月間、色んな事があって大変でした。

そんな中、私達の気持ちを支えてくれたのはレオンでした。
そして このブログがあったからなんとか乗り越えられたように思えてなりません。
考える事や、書く事によって心が救われた気がします。

1419997479969.jpg

1年間、このブログを見てくれてありがとうございます。そして来年もまたよろしくお願いします。

今年もあとわずかです。
来年は、皆様にとっても私達にとっても明るい年になります様に...

posted by Reo at 17:00 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) |  日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする